ペリー・ローダン5000冊

ニュース, ローダン

 電話が鳴った。受話器を取ると、いつものパリパリっというノイズに続いて、銀河を隔てたようなかすかな声。
「もしもし?」私は大声で、「もしもし? もしもーし?」
 ようやく何語か聞き取れた。「フリック! こちらはミスタ・フリックだ!」
「あのミスタ・フリック?」
「そうだ! あのミスタ・フリック! 編集長の!」
「おお、ミスタ・フリック。また急なことで」
「なこたぁないさ」ミスタ・フリックは唸った。「なあ、君が書いている小説、3134話なんだが、バッチリできてる(gut und fertig)よな?」
「もちろん」と、私。「できたも同然(So gut wie fertig)です」
 眉をひそめる音が聞こえた。「そいつが、きみも知ってのとおり、ローダン宇宙5000番目の小説になる」
「わたしが、知ってのとおり?」
「数えてないの?」
「いえいえ」私は請け合った。「4999冊目の次は5000ですよね」
「読者はきっと数えてる」と、ミスタ・フリック。「こいつは緊急案件だ」

……という導入で始まる公式News。上手に書けましたー、とやろうかと思ったが、それはさておき。
ローダン宇宙(Perryversum)における小説が5000! わたしがファンダムに足を突っ込んだ80年代後半には「ペリー・ローダン3000冊」なんてまことしやかに囁かれてたりもした。ローダン正篇(ヘフト)1300話、姉妹編ATLANが800話、惑星小説が300巻等々……だいぶ盛ってた気もするけど(笑)

ともあれ、読者としては数えねばならぬ(おい
……と意気込んだのはいいのだが。あっれぇー?

4997……微妙に足りない(汗)
9月3日に260巻を数えるローダンNEOは、NEOversumという別個の宇宙の存在なので勘定に入れないとして。短編とかの数え方が違っているのか、『プレアデス』みたいなオーディオドラマも計算すべきなのか。ぐぬぬ。

同日夜 追記:

マガンのご協力のもと、忘れていたアレコレを追加したところ。

……はみでた(爆)

ステラリス(不定期連載の外伝)は、ひょっとするともう1話くらい増えるやもしれんし。どーしよw

なお、参考までに、年鑑(1976/1999)とローダン・マガジンに掲載された短編のタイトルは以下の通り:

■公式News:5000

Posted by psytoh