新作家:デニス・マティアク

ローダン, 作家情報

Amazonの発売予定によると、3054話「ヴェクイア最後の世界(Die letzte Welt der Vecuia)」を、デニス・マティアク(Dennis Mathiak)が執筆するらしい。

マティアクは1986年12月11日、ドイツ西部のゲルゼンキルヘン生まれ。
少年時代、父が本棚のディズニー・コミックの裏に隠していた(笑)ローダン・ヘフトを発見したのがSF初体験っぽい。451話からローダン読者になった(公式のプロフィール)そうなので、時期的に第5版の読者と思われる。2000話から初版も購読とか。

10代後半からファン小説の執筆をはじめ、2007年頃からPROCのオンラインで独自のSFシリーズ〈Thydery〉を発表。これにはシュテルン、ヘーレン、モンティロン、テムゼン等、後のローダン作家たちも参加していた。
同時期、2007年の第4回ウィリアム・フォルツ賞において「訣別(Abschied)」にて第1席を獲得している。
SF作家ワークショップ等にも足しげく通ったそうで。この際にできたスーザン・シュヴァーツらとの縁で、彼女が自前の出版社Fabylon-Verlagから出したSunQuestシリーズ中の一編を担当した(共著)のが、マティアクにとって最初の商業作品となるだろうか。その後、Bastei社のSFヘフト・シリーズ〈シュテルネンファウスト〉で2篇を執筆している。

ローダン・シリーズへの参加は2011年のアトラン-X(新歴史冒険譚ポケットブック)6巻執筆からで、以降、時折ローダンのミニシリーズでお声がかかるようになる。主として、上記SunQuestでご縁のあったシュヴァーツやウーヴェ・アントンが草案を担当したものだが、ローダンNEOでも第1期に2篇を執筆している。

……と、色々書いたが、なんか印象薄いな……と思ってつらつら考えるに。白状しよう、実はまだ1作も読んでなかったorz
ま、まあ、記念すべき通算50人目のローダン作家(正篇)は、期待の若手ということで、ひとつ。

Fabylon-Verlag:シュヴァーツが自作を出版するために1987年起業。現在も続いているのだからたいしたもの。
SunQuest:シュヴァーツ草案のSF+ファンタジー。2007年から隔月全12巻。ヴルチェク、アントンらローダン作家多数参加と同時に若手を登用したらしい。
STERNENFAUST:2005年から2012年にかけてBasteiより刊行のSFヘフト。全199話打ち切り。

■公式Info:DENNIS MATHIAK
■Perrypedia:Dennis Mathiak

Posted by psytoh