《マゼラン》の植民星周遊

ローダンNEOの200巻『ガラスの男(Mann aus Glas)』が(Kindle版が先行して)発売になり、第4期の最初のシュタッフェル〈太陽系連邦〉がスタートした。
で、前回の紹介記事でまちがえたままほったらかしてたところを、いまのうちに訂正しておきたい。

まず、新シュタッフェルが2082年スタートと書いたが、2088年の誤り。
2082年は、舞台紹介のため公式コラムに連載された「コロニー周遊(Rundreise zu den Kolonien)」の時点だった。200話のアバンが2088年になっているので、気づいてはいたのだが……下記をまとめるのが面倒で(ry 手間取ったので訂正が遅れた。

惑星オリンプ代表アンソン・アーガイリスの招待を契機に、主立ったコロニーをローダンとトーラ(と、アーガイリス)が《マゼラン》で挨拶回りするこの企画、登場したのは以下の惑星である:

恒星 距離 惑星 代表*1
カストル 51光年 オリンプ アンソン・アーガイリス
カノープス 310光年 イマルト アジャドル・ピルム
フォーマルハウト 25光年 シガ セリム・フーロス
アルゴル 90光年 ルマル クルマル・ラブコブ
アルタイル 17光年 エプサル ノエラニ・モアナ
アークトゥルス 37光年 エルトルス アルムート・クライト
カペラ 43光年 プロフォス ネレ・スコフガールト*2

(*1) 代表の原語はObmann、女性の場合はObfrau
(*2) 前任者の逃亡による代行

ずいぶんこぢんまりしたものだ。『光世紀の世界』とか思い出したわ^^;
これ以外にも、中国ブロックが入植した星系とかいくつかあるらしいが……おい、あんだけずたぼろにされて、まだ国家のしがらみ残ってんのか(まあ、国家とゆーか同系の民族でかたまって、みたいだが)。
なお、プロフォスの代表イラーティオ・ホンドロは汚職と殺人が明るみに出たため、ローダンが到着する直前にスペースジェットで逐電している(笑)

それにしても……どうやら主に、リドゥーリ(メメター)の時代の恒星転送機(“旧街道”)があった星系を中心に入植しているっぽいのだが、重力2Gのエプサル、3.4Gのエルトルスに遺伝子操作による強化人間で植民しているのはともかく、恒星の熱量を有効利用するため細胞に葉緑素配合(イマルト)とか、食糧事情がよろしくないので体を小さくするためフローレス原人の遺伝子を混ぜ混ぜした(シガ)とか、科学者の倫理的にどーなの……。

合間々々に、自由商人が勃興していてアーガイリスを“皇帝”呼ばわりだとか、ルマルで産出するルマリウムは、ホンドロが密売に手を染めたゲミンガ・クリスタルを除けば最高品質の震動クォーツであるとか、ホイッスラー社が一大コンツェルンに成長しているとか、テラの秘密情報組織がGHOST(なんの略称かは不明)であるとか、小ネタを挟んでいて、ガラスの男といえばメルコシュだし、今度の下敷きはカピン・サイクルかなぁ?と思わせたりもする。のだが。
追記:どっかで見たと思ったら、あった。安全と信頼のための汎人類組織(General Human Organization of Security and Trust)、略してGHOST。181巻で出てたようだ……にしても、かなり無理くりだなw

〈アンドロス〉をクレアヴァースに封印してめでたしめでたし(ただしテュイレ・シタレーは道連れ)で第3期が大団円を迎えて30年。周遊時点では24年だが、テンポ早くないか? 特に“皇帝”とか(笑)
#ま、ヘフト版でもアンドロメダ戦争から30年かw >自由商人

そして、200巻をちらちら見ると、メルコシュが出てくるのはもちろんだが、前述の逃亡したホンドロがどーした、ナイク・キントがどーした、ジェシカとロナルドのテケナー姉弟とか、なんかすごいことになってるみたい……。主にキャラ的に。

トム(トーマス)とファロクのローダン家少年部隊が無事一線級に育っているのは喜ばしいかぎりだが。ナタリーちゃんが艦名になっているのが気になります(爆)上記の植民星系リストといい、ヘフト版と同時に読むと混乱する一方なのが困ったものだよなぁ……。

■公式コラム:RUNDREISE ZU DEN KOLONIEN – TEIL 6 (最終回)

NEO

Posted by psytoh