誤訳

過去III・ヴリション編の照合に移る前に、用語チェックの第2回を。
人名とかは、わざとちがう読みにしているものもある。自分なりの理由はあるが、それはそれ、適当に読み流してかまわない。

■人物
 ヴリシ ...

誤訳

さて、3回目はカラジアン編の最終回、アーカイヴ操作センターのドンパチ・シーンである。
データの「吸出し」がすべて「受信」になっていたりするが、そのへんはさておいて。
原文と内容にゴッドハンドな隔たりがあるのを2箇所ほど ...

誤訳

で、今回、いちばん泣けた誤訳である。
■150p

訳文:
「生きのこる者はいるかもしれないが、あてにはできないだろう。いや、宇宙と、そこに生きる人々に遺産を託すことはできない。われわれの知識をうけつぐ者は、 ...

誤訳

ヴリション編、ざっと見たところでは、重大な誤訳といえるものはなさそうだ。細かいとこは、まあいっぱいあるのだが……後半はまとめてざっとアップする形になるかもしれない。
とりあえず今回は、カラジアン編のなかでも、なんでそーなるの、 ...

誤訳

800話『テルムの女帝』の照合は、複数回に分けておこなうが、
 (1) カラジアン編  人類I ~ 過去II
 (2) ヴリション編  人類III ~ 創生III
 (3) 超知性体編  人類IV ~ 人類VI ...

誤訳

ラスヴィッツ賞をディンフォに丸投げしているあたり、やる気と時間の足りてないことが推察していただけそうな昨今。ハヤカワ版で、記念巻というべき400巻『テルムの女帝』が刊行された。された……んだけど……。
ぶっちゃけ、「内容よりも ...