ローダン, 覚書

2003年、HJB出版がヘフト1話を豪華製本したGold-Editionという企画を立てた。いわゆる愛蔵版、であるが、いまの日本で言えば「完全版」コミックスの発想に近いだろう。
ともあれ、その企画にあたって読者に「何話のGol ...

作家情報

ルドルフ・ツェンゲルレ (Rudolf Zengerle)
1937.5.13 – 2009.2.13

オフセット印刷機や輪転機を製造する会社で技術者として働いていたツェンゲルレ。職場の同僚にウィリアム ...

ローダン

わりかし好評らしく、最近では半期に一度の発行で定着した感じの Perry Rhodan Extra、第8号は4月24発売予定。

メインディッシュである長編の執筆者はフランク・ボルシュ。タイトルは「スターダスト破壊工作(Da ...

ファン活動

あるいはすでにお気づきの向きもあろうかと思われるが、現在2つあるブログを月末までに統廃合する。存続会社(笑)は「誤訳天国」となる。ま、せっかくドメインも取得してるしね~。

現在すでに「無限架橋News」側の記事をインポート ...

覚書

あとはホントに覚書。

『黒のトイフェル』って、思い切ったなオイ^^; 原題は Tod und Teufel (たぶん『死神と悪魔』) シャドウ・パイラーはどうにも「影杭打機」にしか見えん。原語は Schattenpeiler。シ ...

覚書

Friedensfahrer/平和ドライバー

いや、個人的にもこの訳語あんまり好きじゃないんだけどね……「平和のねじ回し」みたいに見えるし(笑) サイクル名としては「網を歩む者」「第六使徒」以来の無理やり訳なのは承知のうえ ...

覚書

Filiationskammer/支体房

Heyne社から出ているローダン・ペーパーバック・シリーズ『赤い宇宙の帝国』にて登場する、一風変わったクローニング装置。複製はオリジナルとリンク状態にあって、その経験がオリジナルに ...

ニュース

2500話からの新サイクルの名称が〈スターダスト〉であることが、2/5付け公式サイトのログブーフにて告知された。また、同日更新されたニュース記事内の写真から、ロベルト・フェルトホフが執筆する2500話のタイトルが『彼方の地(Die f ...