覚書

351巻には、どんな訳になるか楽しみにしていた文章があった。
今後《ソル》が登場する限りつきあっていくことになるはずの、セネカの口癖である。

■p52

ハヤカワ版:
「それなら知っています、サー ...