作家情報

公式サイトを見ると、ゲスト作家ティトゥス・ミュラーが執筆した、2319話『ヴルガタの植民者』が、2005年C・S・ルイス賞を獲得したことが報じられている。

ティトゥス・ミュラーがゲスト作家として参加することは、既報のとおり ...

誤訳

なんか……むしろ長くなっているのはなぜだろう?(笑)
いや、必ずしも誤訳でないのまで混じってしまったからなのは、明白なのだが。

■42p

ハヤカワ版:
「ここなら、ステーションを覆う腐植土層もご ...

誤訳

2章後半は、思ったほど多くない。代わりに、★印級のものがほとんどだったりする。

■32p

ハヤカワ版:
ステーションも、地上施設か宇宙船か、まだはっきりしない。しかし、なにかがあるとしたら、地中だろう。 ...

辞書

あんまりイタい話ばかりなのもナニなので……つーか、こっちの方が、実はもっとイタいかも(笑)
自称・辞書フェチ(爆)なわたしの家には、まっとうな百科事典とかはないくせに、ローダン読むため・SF訳すため、と称して、やたらと辞書・辞 ...

誤訳

すでにお腹いっぱいな気もするが第2章……。

■23p

ハヤカワ版:
涙滴型の搭載艇に、

原文:
auf das eiförmige Beiboot

試訳:
卵形の ...

誤訳

■10p
ハヤカワ版:
「どうしたのだ?」★

原文:
“Man sollte Ihnen verbieten, unsere Sprache zu benutzen”, sa ...

ハヤカワ版, 誤訳

ハヤカワ版318巻『フルロックの聖域』を読了した。著者は前半「フルロックの聖域」がウィリアム・フォルツ、後半「レイチャの後継者」がH.G.フランシス。訳者はそれぞれ増田久美子氏、青山茜氏。

前半は、ユーロクのトリトレーアか ...

誤訳

ハヤカワ版:
「ヤアンツァルを滅ぼせばよいのだ」と、つぶやく。もちろん、許されることではないし、不可能だとわかっていたが……しかし、いい考えである。自分は帰り道を捜して迷いこんだ、よそ者にすぎないのだから。

原文: ...

誤訳

aus der Not eine Tugend machen/
試訳:怪我の功名

上述の熟語は諺で、「禍転じて福と成す」が通例。ちゃんと普通の独和辞典にも載っている。困窮から長所を作り出す、というのが直訳。 ...

ローダン

ハードカバー版で進行中のアフィリア・サイクルもいよいよ佳境。11月刊行の92巻『モドゥル』では、失われた地球を捜す《ソル》のローダンたちが、超知性体間の戦争にまきこまれる。
星のメイルストロームの転送特異点に消えたテラとメダイ ...